食事制限なしで痩せるには?

炭水化物は太るの?

炭水化物

今日は炭水化物抜きダイエットについてです!

食べていいもの・いけないものも重要ですが、食事の仕方もすごく大事なんです!

 

◆夜だけ炭水化物抜きダイエット

炭水化物抜きダイエットは、三食分すべて炭水化物を食べないようにしてしまうと、日常生活に支障が出ることがあるので注意が必要です。

また、炭水化物を食べないことで、栄養不足になり、体調を崩してしまうことがあります。

他の食材を食べ過ぎてしまい、痩せるはずが太ってしまうこともあるでしょう。
朝、昼に食事を制限をすると、ストレスで精神的にも負担が大きくなり、仕事にも影響が出てしまいます。

まずは夜に炭水化物を食べないようにして、一日に摂る炭水化物の量を減らす方法を行いましょう。

夜の食事のあとは寝るだけのことが多く、朝と昼のようにエネルギーをあまり使わないため、炭水化物を抜くのに向いています。

 

◆朝・昼の食事

夜だけ炭水化物抜きダイエットをするなら、朝と昼は通常の食事をしてもOKです。

朝や昼は、外食することが多い人もいますから、食事制限をすることは難しいと思います。

食べ過ぎなければ、パスタや丼ものなども大丈夫です。食べたいものを食べることで、ダイエットのストレスを軽減することもできます。

ただし、栄養バランスの良い食事をするためにも、多くの食材を使っているものを選びましょう

朝と昼も炭水化物を食べなければ、もっと痩せると思いがちですが、一日の炭水化物の摂取量は、通常200g〜300gとされています。

20g〜40gまで減らすダイエット法もありますが、体や脳への影響を考えると、最低でも100g程度は摂ることが必要です。

早く痩せたいからといって、無理なダイエットをすると、途中で辛くなって挫折してしまうことがあります。

 

◆夜の食事で気をつけること

夜の食事で気をつけたいのが、食事をする時間です。最低でも寝る2〜3時間前までには食事を済ませておきましょう。

寝る直前に食事をしてしまうと、そのまま脂肪が蓄積されてしまいます。
せっかく炭水化物を食べないようにしても、ダイエット効果が減ってしまうので注意しましょう。

夜はエネルギーをあまり使わないので、炭水化物を抜いてもあまり影響はありません。

スープやおかずなどで満腹感を得れば、あまり苦にはならないでしょう。
どうしても夜に炭水化物が食べたいという人は、一日に摂取する量を三食に分ける方法もあります。

一回の量は減ってしまいますが、少量ずつ食べることで、消費するエネルギーを補いやすくなるので、体調にも影響が出にくいです。

ご飯の量を増やしたい人は、玄米や麦などを混ぜたり、こんにゃく米を混ぜるなど工夫をしましょう。

 

◆食事の時間帯は?

時間

 

ダイエットというと、食材や量に目がいきがちですが、それより大切なのが「食べる時間帯」です!

たとえば、12時にごはんを食べるのと23時にごはんを食べるのでは同じ量であっても脂肪に蓄積されるかどうかは大きく違ってきます
まずは、昼は交感神経が活発で夜は副交感神経が優位になります!交感神経が活発だと脂肪が分解・燃焼されやすくなります。
反対に副交感神経は、消化・吸収機能を活発にするのでエネルギーをため込む働きが強くなります。
つまり、昼は脂肪が分解・燃焼されやすく夜はエネルギーをため込みやすくなります!
ですので、同じ量のごはんを食べても昼と夜では夜の方が脂肪として体に貯蓄しやすいのです。
その中でも特に22時〜2時の間は最も体に脂肪がつきやすい時間帯です。
夕食は朝や昼の20倍吸収すると言われています。
時間帯を気をつけるだけで、痩せやすく太りにくい体になるのです!
 
みなさんも少し時間帯を気にして食事してみてください♪