風邪は半身浴!薬よりも早く効く理由とは?

あなたの半身浴は間違っている?!

 お風呂


みなさん、ただしい半身浴のやり方ってご存知ですか?
美容や健康のために半身浴をされてる人は多いと思います。半身浴ってやり方を間違えると、逆に体を冷やしてしまうんです。。
今日は正しい半身浴のやり方をご紹介します。

 

◆半身浴の効果

半身浴の効果は何と言っても発汗デトックスです!

体に老廃物が溜まっている状態ではダイエットを頑張ってても痩せにくい体となっています。

半身浴でたくさん汗をかき、デトックスをしてなおかつむくみも解消しましょう♡
 その半身浴、なんとなくやっているけど実は細かいやり方は分からない…という方も多いのではないでしょうか。
 
 

◆半身浴の正しいやり方

・半身浴をする時の準備

 アヒル

1.湯船にお湯をはる

お湯の温度は38~40度のぬるま湯
お湯の量はみぞおちの辺りまで浸かる程度です。
体の芯まで温めるために、ぬるめのお湯にしましょう。熱すぎるお湯は、体の表面だけを温めてのぼせやすくなります。

2.水分補給用の水

お風呂場に持ち込む用の水です。

常温の水をペットボトルなどに入れると良いでしょう。
白湯を飲んで入ると汗が出やすくなります。

3.乾いたタオル

半身浴中に体が冷えないように、肩に掛ける用のタオルです。体が冷えやすい方はタオルを用意しましょう。
 
 

・半身浴の前

1.入浴の30分前にコップ1杯常温の水を飲む

半身浴で汗が出るので、入浴の前にしっかり水分補給をしておきましょう。

2.軽い運動ストレッチをする。

ダイエットサポートを期待する方は、入浴前に体を動かして温めておくことで、汗が早く出始めますのでおすすめです。

 

・半身浴中

半身浴

1.入浴時間の目安は20~30分

汗が出てきて気持ちが良いと感じる程度の時間で浸かりましょう。

 2.水分補給

入浴中も喉が渇いた時は、常温の水を飲むようにしてください!
200ml程度(コップ1杯くらい)を目安にすると良いでしょう♪
 
 

【半身浴のやり方】

半身浴

1.浸かる部分にかけ湯をしてから湯船へ


腕や上半身が濡れてしまうと、半身浴中に冷えてしまうことがあります。

お湯に浸からない部分が濡れてしまったら、タオルなどで拭きましょう。先に髪や体を洗った際は、水気を拭き取ってから半身浴をします。
2.冷え対策のタオルを肩にかける
浸かりはじめは上半身が冷えやすいため乾いたタオルをかけましょう浴室暖房や温かいシャワーであらかじめ浴室を温めておくのでも◎。
3.お湯が冷めたら足し湯などで温度を調節
浸かっている間にお湯の温度が下がり体が冷えてしまいます。
湯船のフタを閉めて首だけ出るようにして入ると、お湯も体も冷えにくくなりますので試してみて下さい。
4.湯船の中で軽くストレッチ&マッサージ
マッサージ
湯船に浸かりながら、軽く体をひねったり気になる部分をマッサージしましょう。
冷え対策や、むくみ対策になります
 
 
入浴中は体が柔らかくなっているのでストレッチやマッサージをしやすいですが動かしすぎることのないようにしましょう!
 無理に体を動かしすぎるとのぼせたりすることもあります。
 

・半身浴が終わったら

1.水分補給をする
入浴後、水分補給をしましょう。常温の水をコップ1杯程度ゆっくり飲みます。
2.軽くストレッチをする
体が温まっている入浴後のストレッチがおすすめです。
体が硬いと冷えの原因などにもなるためダイエット目的だけでなく健康的な体づくりのためにもストレッチをしましょう!!!
 半身浴をすると体の冷え解消やデトックス効果があり体の肉質もかなり変わってきます。
 
 
 
みなさんも今日から正しい半身浴をして痩せやすい体づくりをしてみてください。