読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二重顎を解消!エステに行ったようなスッキリ感!

あなたの顔は何太り?

顔は人が1番最初に見るところなので少しの変化でも敏感になってしまいますよね!?

今日は小顔を作るための簡単にできる体操をご紹介します♪

 

◆顔太りの原因

1.脂肪太り

二重あご

実は顔の太り方にもタイプがあるんです。

まず一般的に顔が太ってきたときには、食べ過ぎなどで顔に脂肪がついてしまったということが疑われます。

また周りに「顔から太りやすい」といった方はいないでしょうか?

基本的に身体→顔の順番に太るといわれているので、顔が太った方は、全体的に脂肪がついたと考えていいでしょう。
そんなこともあり、顔に脂肪がついてしまったという方は、ニンニクを摂取したり、

体操をこまめに行うことで血流促進効果や脂肪分解を活発にすることが必要になります。

一度太ってしまうと、なかなか落とすことが難しいので、気長に行っていきましょう。

 

2.むくみ太り

顔のむくみの原因はさまざまあります。

カリウムやビタミン類の不足により、血液の循環が悪くなることで顔がむくむというのも理由の一つです。

またお酒を飲み過ぎた時なんかも循環が悪くなるので、顔がむくむといいます。そういった時には、体操や食事療法で治していきましょう。
まず食事としては、ミネラル類やビタミン類をしっかり摂りましょう

また食物繊維を摂ることによって、顔のむくみの原因にもなる老廃物を排除する効果が期待できるので、

積極的に摂っていきましょう。小顔体操としては、指でマッサージしてあげると効果があります。

 

3.固太り

歯ぎしり

顔が太る理由には、固太りというのがあります。

この太り方のタイプは、歯ぎしりや片方の奥歯で偏って噛んでいるということが起因しているようです。

固太りは、脂肪の上に筋肉がコリ固まることで出来るため、簡単には改善出来ないといわれているので、とても厄介です。
治す方法としては、いくつかあります。まず小顔体操として小鼻や眉の部分のコリをほぐすようにマッサージするといいといいます。

そして、食材でもナッツ類を食べることにより、ナッツ類に含まれているビタミンEが血液に作用して、血行の促進に効果があるといいます。

 

4.筋肉のゆるみ

顔の筋肉はたるんでくると脂肪が下に落ちてきて、顔が太って見られがちになります。

また脂肪自体も付きやすい体質になってしまうので、何としてでも改善したところ。

日頃から笑っていたり、表情筋を使っていればいいですが、四六時中というわけにはいきません。
そんなたるみを改善するには、表情筋を鍛えることが重要です。

日常的にできることから始めてみるのがいい方法で、会話をする際に少し大げさに表情をつくってみる、

よく噛むことを必要とする食べ物を意識して食べる、これだけでも違ってくるというので、実践してたるみをなくしていきましょう。

 

5.骨格のゆがみ

矯正

顔のゆがみでも顔が太る要因になるといわれています。

日頃の姿勢の悪さやかみ合わせなどで、顔のゆがみが発生して、リンパの流れが悪くなるのが、顔が太って見える原因になるようです。

そのため、口角の高さが左右で違って来たり、見た目にも変わってくるので注意が必要です。
ゆがみを治すためには、日頃の姿勢を正しくしたり、整骨院で腰のゆがみを治してもらったりすることが効果的だといわれています。

腰のゆがみをその場で治したとしても、姿勢が悪いといずれ元に戻ります。そうならないように、姿勢を正す方法を考える必要がありそうです。

 

◆二重あごすっきり小顔体操

体操

顔が太ってくると一番気になるのが、顎の下の二重あご

タプタプと脂肪が溜まってしまうとみっともないと感じて人と会うのが嫌になってしまうこともありますよね?

そんな時に、二重あごを治す方法として、二重あごすっきり体操というのがあるんです。

天井を見るように顎を突き出し、首を後ろに反らせる。そして、ゆっくりと「あ、い、う、え、お」と言いながら口を大きく動かすのです。
また二重あごは、リンパの流れや脂肪の摂り過ぎでなる可能性が高いので、日頃の食生活も改善するように心掛けましょう。

 

日々の生活を少し変えるだけで誰でも簡単に小顔になれちゃいます!

当店のフェイシャルでもリフトアップ&クレンジング効果がありますので、ぜひこの機会にお試しください。