小顔矯正しなくても人気のマッサージで小顔になれる!

小顔になるには?

小顔

今日は小顔になりたい人のために!小顔マッサージをご紹介します!

簡単にできるのでみなさんも試してみてください!

 

小顔には浮腫みが関係している

浮腫み

顔の筋肉も体と同じように、疲れがたまると凝ってこわばってきます。

老廃物も流れにくくなり、そのまま放っておくと、日々のむくみが定着して「顔太り」という結果を招いてしまうわけです。

 

小顔マッサージ

ご紹介するのはリンパに沿って顔の老廃物を押し流す「フェイスマッサージ」。

たった5分で目尻や口角が上がりフェイスラインもすっきりします。できればメイク前の習慣として、毎日続けてみてください。

 

◆始める前に

首マッサージ
フェイスマッサージの前にまずはマッサージクリーム(オイル)を手で温めてから顔全体と首に塗り、

首のリンパマッサージを行ないます。

 

1.両手を首の後ろで組み、両手を首筋にそってなで下ろす。
2.凝りをほぐすように、ある程度指先に力を入れて5~10回繰り返す。
3.耳の下の耳下腺を両手の中指で軽く押す。

4.指全体を使って、耳下腺から鎖骨へと、首の両側を上から下へ軽くさする。

5.鎖骨に親指以外の4本指を入れて、真ん中から外へ、肩先に向かってマッサージする。

6.鎖骨から腋の下のリンパ節へ軽くマッサージして、最後に腋の下を軽く押さえる。
これでリンパ液の流れはスムーズになり、老廃物を排出しやすい状態になりました。いよいよフェイスマッサージに入ります。

 

◆フェイスマッサージ

力の入れ方に注意して、額や頬、アゴにはしっかり圧力をかけ、デリケートな目の周りはソフトになでるようにしてください。
1.人差し指、中指、薬指の3本の腹で額の中央を強め、押し、そのままこめかみまで、左右に少しずつ間隔をあけながらプッシュする。

最後のこめかみ部分はやや弱めに押す。これを3~4回繰り返す。
2.中指と薬指でアゴの下→口角の真横→鼻の下→口角の真横→アゴの下と、強めにプッシュする。これを3~4回繰り返す。
3.小鼻の横の溝に中指の腹を押し当て、溝に沿って15~17往復、ゆっくりとなでる。

4.次に人差し指、中指、薬指でアゴをはさんで、耳の下まで引き上げる。薬指を意識して、肘を上げて行なう。左右交互に3~4回繰り返す。

 

◆目の周り

目マッサージ

1.中指の腹で目尻から順に、目のまわりをソフトに撫でる

2.中指と薬指の腹を使って、眉間の上を軽く押し、そのまま指をこめかみに移動させる。

3.こめかみを軽く押さえ、指を耳の前まですべらせ、圧力をかける

4.フェイスラインに沿って耳下腺まで指をすべらせる。この一連の流れを3~4回繰り返す。

5.人差し指、中指、薬指の腹で押しながら、目の下からこめかみ、頬の外側を通ってアゴ先へと指をすべらせる。

6.アゴ先から目の下に向かって、筋肉を強く持ち上げる。この一連の流れを3~4回繰り返す。

7.次に3本指の腹を使って、鼻の脇からこめかみに向かって、頬を吊り上げるように指をすべらせる。これも3~4回繰り返す。

 

◆クールダウン

両手のひらを使って、鼻の脇から耳の前に向かって顔全体を引き上げます。
最後にウォーミングアップで行なった首のリンパマッサージをもう一度行なって、フェイスマッサージは終了です。